September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

profile

Rumi Watanabe

profilephoto

渡辺瑠海(エッセイスト・作家)

高知県立坂本龍馬記念館「現代龍馬学会」理事。
高知県高岡郡津野町観光親善大使
高知県地球温暖化防止活動推進員
IPCCリポートコミュニケーター

高知県高知市在住。祖父は宮崎の詩人・渡辺修三。
大阪芸術大学文芸学科中退後、東京千代田工科芸術専門学校映画学科卒業。
テレビ制作会社に入社。NTVにて番組制作、広告代理店を経て出版業界へ転向。独立。

マガジンハウス「GULLIVER ガリバー」「POPEYE ポパイ」、講談社「HotDogPress ホットドッグプレス」「VOCE ヴォーチェ」「Frau フラウ」など若者雑誌への寄稿、書籍の制作に携わるかたわら、コピーライター、テレビ・ラジオの選曲者として活動。2005年郷土エッセイの執筆のため高知へ帰郷。

著書『田舎暮らしはつらかった』
『龍馬語がゆく 日常をハイに生きる土佐弁』
(共にロコモーションパブリッシング)
『イヌキー〜私とトートバック犬の10年』(ゴマブックス)
2007年5月〜8月までの高知新聞朝刊学芸面の日刊連載をまとめた郷土エッセイ
『はちきん修業記・訪ねて候』(NKL+高知新聞企業)などがある。

ほかに“バンビス・スノーフラワー”のペンネームで
『失恋のおくすり』(ロコモーションパブリッシング)文庫『失恋のおくすり』(アスペクト)、絵本『ハワイ冒険読本  ハワイアン・ビッグ・ダディ』(日経BP、JALPACKハワイツアー採用)、『傷心のおくすり』(ロコモーションパブリッシング)など著書多数。


◆テレビラジオ、その他の活動

高知新聞日刊エッセイ『はちきん修業記 訪ねて候』連載(2006年5月〜8月)
テレビ高知『イブニングKOCHI』金曜レギュラーコメンテーター(2007年〜2010年)
NHK高知発ラジオ深夜便『魅力新た 龍馬の土佐』生出演(2009.4月)
NHK『おーいニッポン 私の好きな高知県』生出演(2009.9.19)
NHK『爆笑問題のもうひとつの龍馬伝』出演(2010.1.3)
高知シティFM『2010土佐・龍馬であい博GW直前情報』ナビゲーター(2010.4)
高知新聞コラム『閑人調』執筆担当(2010.5〜2011.2月)
NHK高知放送局視聴者ネットワーク会議委員(2010.8〜2012.4)
高知県文化財団 高知県坂本龍馬記念館 記念館だより「飛騰」インタビュアー、20周年記念誌インタビュアー(2010.8〜2012.3.31)
現在フリーランスで個人の自叙伝制作、インタビュー取材、冊子編集業務を請負中。
ambernoteworksで電子書籍を月刊発行、AmazonKindle等で販売中。

よさこいチーム『桂浜・龍馬プロジェクトぜよ』テーマソング『幕末カイダンジ』作詞(作曲:西村直記氏)本祭ではお囃子参加しています。

趣味:ビーチコーミング、クラウドウォッチング、読書、文具店めぐり、クレイアート、手芸、旅行。
pagetop