April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

山北で蜜柑狩り

高知新聞の又川てるちゃんに帽子デザイナーの山本正子さんをご紹介いただいた。山北にご自宅があり、みかん農園もしているので採りにいらっしゃいということで、日曜日はドライブがてら彼女と「初みかん狩り」に出かけましたぴかぴか

来た〜♪山北。ここ数日高知はかなりの冷え込みですが、山北は不思議と暖かい。遠くに太平洋が見えるねぇ


山の途中にある小さな祠の手水舎に薄氷が張っています。紅葉が閉じ込められているんですね。きれいです。



山北のディテール。てるちゃんと「これは何だろうねぇ〜」「きれいだねぇ〜」「面白いねぇ〜」を連呼

この5列の木枠は、この近辺に住む方の「新聞受け」だそうです。山本さんもここに毎朝バースの散歩がてら新聞を取りに来るのだそう。これを初めて見た時は、都会暮らしの長かった山本さん、びっくりなさったそう。わかりますたらーっ

美しい落ち葉の山道


山本正子さんは有名な帽子デザイナー。沖縄県那覇市のご出身で、東京で長い間ご活躍でした。10年ほど前に旦那さまの実家、ここ、山北に越してこられたのだそうです。
「東京の生活からここの暮らしに慣れるまでに、時間かかったよ〜汗という山本さん。わかります!泣き顔 

山本さんのアトリエ「MAJHAKUJHA(マジャクジャ)」。とても素敵です! 以前、はらたいらさんが取材に来ていたとき描いてくれたというイラストが飾ってありました(もしかして、KUTVの「おらんく風土記」かナ!)


初めて会ったその瞬間から、うわ、ぴったり息が合う!という人ってときどきいるものです。山本さんもそういう方のひとりでした。沖縄の話、東京の話、東京から高知の移住の話。話し始めるとあっという間に時間が流れて行きます。初めてお会いするのに、昔から知っているような、不思議な感覚です。話しもって、いざ、みかん狩りもはじめましょうか!イエーイ!ラッキー

どこ行くの〜!?と興味津々の山本家の愛犬バース。精一杯背伸びして覗いております。ぴかぴか


二人分の籠を手に、山本さん「はいはい、これに好きなだけ収穫してね!」笑顔がめっちゃキュートな方ですわーい


よっしゃー☆穫る気満々な私たち。ここのみかんが、また特別に甘いんです!


私の籠は木にひっかけるタイプ。あんまり欲張ってみかんを入れると重みで枝が折れないか心配に……って、のっけから欲ばるなよ私!
たらーっ 


まずは基本の収穫方法を教えてもらいます。摘んだあとの木が他のみかんを傷つけないように枝から垂直にカット。なるほど〜。てるちゃん真剣です。


ひゃー、みかんが鈴なり状態。小さいほど甘味も旨味も濃い♪サイコー。普段あんまりみかんを食べない私も、これならいけます、っつーか、バクバクいってますモグモグ


てるちゃんの籠は肩にかけて使うタイプ。みかん畑は斜面なので、ちょっとよろめくとこんなことに。みかんの絨毯。初めて見たけどきれいやねぇ汗


かご一杯に収穫を終え、帰りにバースのために一個剥いてあげる☆ペロリ食べちゃいました。うん、おいしい!の顔激写☆


暖かい山北の一日。収穫した大量のみかんを車に積んで、山本さんちを後にしたのでした。お昼は手作りのカレーライスとアップルパイをいただいて、太陽のさんさんとあたる日向でまたみかん食べて……。しあわせってきっと、こういう日のことを言うんだろうなぁとしみじみ思いました。まっこと感謝ニコニコ

赤い旗HP、ブログ帽子デザイナー 山本正子の世界

pagetop