May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

やっと規制が始まる

厚生労働省によるベンゾジアゼピンの規制がやっと始まるようです。
» read more

精神的なアップダウンとのつきあい

闘病が長引いてブランクがあると、活動を再開するときには、かなりの不安を感じます。
自信を取りもどすまでに時間が必要です。。。
» read more

離脱症状の軽減に役立ったもの

つらい離脱症状と闘っている最中は、何もかも暗中模索の日々でした。 
特に外でしびれやめまいが始まると本当につらかったものです。 
» read more

薬から“離脱する”ための10の原理


私が読んだ本の中から、興味深かった部分を書籍より抜粋してみます。 
 
『「うつ」を克服する最善の方法〜抗うつ薬SSRIに頼らず生きる』
生田 哲 著/講談社+α新書 

興味深いところ、役立つ知識も多々ありましたが、全体の内容は、離脱症状と闘っていた頃の私には、少々つらい内容でした。

今、それらの薬害に悩んでいる人が情報を探して読む本というより、「健康な方が知識のために読む本」といった方がよいかもしれません。
SSRIなどの服用で起こった数々の事件、薬害の検証と、薬学博士である著者自身のうつの克服法などに触れている一冊です。 

この中に「薬から“離脱する”ための10の原理」というまとめがありました。
参考までに抜粋してみます。


(1)もしあなたが大量に、しかも長期にわたって精神活性薬物を服用しているのなら、離脱プロセスを援助してくれる臨床経験の豊富な医師を見つけること。 

(2)精神活性薬物を服用する以前から深刻な感情問題をかかえていたとしたら、離脱プロセスを実行する前と最中、以後で、それぞれ心理 カウンセラーの適切な助けを借りること。 

(3)これからあなたが精神活性薬物から離脱することを、親しい友人 や家族に伝えておくこと。抗うつ薬からの離脱によって、うつや躁状態が発生する可能性のあることをあらかじめ説明しておくこと。そして、あなたがもし異常な行動をとったなら、それをあなたに知らせる ように頼むとよい。あなたを見張るよう依頼するのである。なぜなら、薬からの離脱プロセス中は、自分の行動を客観的に判断することが難しいからである。 

(4)精神活性薬物の深刻な副作用が発生していて、迅速に離脱しなけれ ばならない場合を除いて、薬はゆっくり減らすこと。毎週10パーセントずつ薬を減らしていけば、たいていの深刻な離脱反応は防ぐことができる。 

(5)もし、あなたのかかりつけの医師が抗うつ薬は離脱反応を引き起こさないと主張したなら、その医師を信用してはならない。彼(彼女)は 抗うつ薬の離脱反応について無知であるからだ。 

(6)医学的に緊急の場合を除いては、あなたが安全で快適と感じる以上 の速度で精神活性薬物の服用量を減らさないこと。あなたがどのように感じているかを大切にしてほしい。 以下のことが起こったら離脱反応かもしれないから注意しよう。 気分が乱高下する。イライラしたり怒りっぽくなる。頭の中や皮膚に奇妙な感じがある。睡眠に問題がある。胃がむかむかする。身体の調子がおかしい。 

(7)もし、あなたが深刻な離脱反応に遭遇したと感じたならば、ただち に、躊躇することなく臨床経験の豊富な医師に相談すること。同時に、 あなたはその担当医に、離脱反応が起こる直前の服用量を処方してもらってもよい。離脱反応が起こっているのであれば、以前の服用量を摂取することで、症状は急速に改善されるはずである。 

(8)もし、あなたが複数の精神活性薬物から離脱しようとしているのなら、 一度に一つずつ減らしていくこと。一度に二つ以上の薬を止めるのは、混乱 をきたす元になる。なぜなら、あなたに離脱反応が起こったとき、いったい どの薬が原因なのか見当がつかなくなってしまうからだ。完全な離脱に向け て、焦らず一歩ずつ進むことが肝心である。 

(9)ゆるやかに精神活性薬物の服用量を減らしていっても、離脱反応がし つこくつきまとうのは珍しいことではない。そんな時、ごく微量(通常の服 用量の10分の1程度)を服用することで、離脱反応を上手に抑えることができる。 

(10)忘れてはならないのは、ここに示した原理は、SSRIや他の 精神活性薬物からの離脱のための完全なマニュアルではないということ。 精神活性薬物の離脱を試みる人は、信頼のおける、臨床経験の豊かな医師、 心理カウンセラー、そして友人、家族の協力をもとめるべきである。
(以上『「うつ」を克服する最善の方法』より抜粋 )

 

この10の原則は、確かに正論です。

しかし、いちばん大事な、
離脱プロセスを援助してくれる医師はいったいどこにいるのか。。。 
離脱状態を支援してくれる心理カウンセラーがどこにいるのか。 
そういった窓口、情報網がまだどこにも見当たらない。 

いったい信頼できる医師はどこにいるのでしょう?
一刻も早く、この問題に対する相談窓口を全国に広げてほしい。 
サポートできる専門医の養成だって必要です。


(4)(6)(9)に関しては本当に、その通りです。

今、私からもこれだけは伝えておきたい。。。

SSRIやベンゾジアゼピンに関しては、
自己判断の急な減薬・断薬は、絶対にしてはいけません。
信じられない状態の悪化を引き起こすことになりかねません。。。

主治医に適切な指導を仰ぎ(参考文献をよくよく調べた上)で、
慎重に、ゆっくり時間をかけて
減薬していくのがいちばんです。。。

無理をしないこと。
不必要に苦しまないでいてください。

自分をどうか大切にしてください。。。


ひどい症状を引き起こす急な薬の中止は
体のためにも精神のためにも
絶対に避けるべきです。

とにかく、焦らずに
時間をかけて。

そのために、確かな情報を手に入れてください。
それについては、
また追々書いていきたいと思います。

もちろん、家族がしっかり病状を把握してくれて、
支えてくれるに越したことはありません。

心の強い家族、知識を持った家族がそばにいる方は、
それだけで宝物ですよ。。。


苦しんでいる方。
世の中にどれほど多いことか。。。

だけど、

どんなに長い闘いでも、
必ず、抜け出せる日が来ます。

必ず、回復します。
心配しないで。。。

あきらめず、
少しずつ、少しずつです。


いろいろ思うところがありますが、

今日はここまでに。。。


「うつ」を克服する最善の方法 (講談社プラスアルファ新書)「うつ」を克服する最善の方法 (講談社プラスアルファ新書)
生田 哲

講談社 2005-11-18
売り上げランキング : 189383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベンゾジアゼピン離脱症状との闘い

実験的ですが、
闘病の記録を電子書籍(Epub)にしました。
DLマーケットで販売します。

こういう販売方法は果たしてアリなのか。。。?
書籍にたずさわってきただけに悩みますが、
しかし、必要としている方がもしいるなら、
どういう形であれ置いた方がいいのかもしれない。。。
そして、どんなにしんどい体感からも
やがて必ず回復するという、そのことを伝えたいと試行錯誤を繰り返し、
思いきって置いてみることにしました。
冒頭部分と目次は試聴(立ち読み?)していただけますので、
どうぞごらんください。
※メンテナンスなどもたびたびあるようです。

「シャンビリ・ヘル ~ ベンゾジアゼピン離脱症状との闘い」
 630円(税込)93ページ


治療するための薬が凶器に変わる。 果たしてこんなことがあっていいのだろうか? 

処方箋で出された SSRI、抗不安薬、睡眠薬。  
病院で出された薬を飲んで現れはじめた奇妙な症状。
処方箋常用量依存。 ベンゾジアゼピン離脱候群。
知らないうちに、 私はベンゾジアゼピンの依存症に陥っていた。
社会問題になろうとしているベンゾジアゼピン薬剤の離脱症状の克明な記録。




※PDF版もアップしましたので御利用ください。

長かった闘病


しかし長かった。 

ここ数ヶ月間、過去の旅行話で埋めてきたけど
やっと通常に戻ることができて、ホッとしています。

この間、私がどこに行っていたか。
これはこの言葉以上に言い表しようがない。「地獄」です。

病院処方の薬で、
知らないうちに依存症に陥っていました。
ベンゾジアゼピン中毒症状。
病院から出ている薬で、
常用量依存になるなんて、誰が思いますか?

ひどい離脱症状に苦しめられました。

完全復帰するまでに半年!
半年もダメにしてしまった。なんてこった。

正直言うと、先月の広島よさこい行きの時には
まだまだ本調子ではなく、
私にとってはかなりの勇気が必要でした。。。
依頼原稿も書けるかどうか不安で、迷いに迷った時期でした。

それでも、何とか乗り越えられた。
何とか、この世に戻ってきた。という感じです。

薬害は本当に怖い。

ベンゾジアゼピンの離脱症状では、
私自身「もうダメかもしれない」と思うような
絶望的な症状がガンガン襲ってきました。

自律神経は狂いまくり、めまいと耳鳴りが止まらない。

しびれと聴覚過敏と視覚過敏と幻覚と幻聴と幻視と悪夢と、
怒りと絶望と悲しみと寂しさがいっしょくたになって
攻撃してくるような感覚でした。

これは、みなさんにわかってもらおうにも、
普通の感覚では、ほぼわかってもらいようがない。
なんせ、処方した医者にもわからないのですからね。

魂なんか体から半分上にずれ上がって、
異次元に突っ込んだみたいになって。
うまく言い表せない!(泣)

まっこと、貴重な「SF体験」をさせてもらいました(怒)

抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬。
病院の処方箋だからと安心してはいけません。

ベンゾジアゼピン薬剤は2ヶ月でその効果などなくなる。
それ以上飲むべき薬ではありません。
本当にキツイことを我が身をもって知りました。

しかし、ふと周囲を見回すと、
ベンゾジアゼピンをやめられなくなってる人があちこちにいる。
唖然とします。多いです。本当に。

頭痛、肩凝り、うつ、血圧、なんでもかんでも
ベンゾジアゼピンが処方されています。

皆、病院の処方箋を疑いません。

でも、長く投薬されていると、
体感的にその薬がなんか違和感の元になっていることは
わかってくると思います。
そして、それをやめたらどうなるかも、わかってる。。。

離脱症状が怖いから、もうやめられないのだと言います。
その気持ち、痛いほどわかります。。。

でも、いつかはやめねば、耐性がついて
離脱症状はひどくなる一方です。。。

離脱症状を何とか最小限に抑えるには
的確な医師のサポートが必要になります。

しかし、これができる医師は
ほとんどいないという事実。

処方している側が、
薬の副作用、依存、離脱にはまったく無頓着という事実。。。

まったく、泣いてしまいます。

医療の問題なんですね。。。

一刻も早く、離脱症状の専門医療を確立せねば
ベンゾジアゼピン問題は、これから大変な問題になっていくでしょう。

そして、医師の無知がこれ以上馬鹿な常用量依存患者を出さないように
何らかの対策を考えねば。

精神面のフォローができる経験者やカウンセラーが必要です。
自助グループが各地に必要になります。早急に。

何も対策の手だてがなく、
ただ漠然とベンゾジアゼピン薬剤が処方され続けている日本。
おかしいですよ。ほんとうに、おかしいです。

。。。。。

またぼちぼち、気が向いたら、
このことを書いていこうと思います。

この半年は、あまりにもヘビーでした。
あまりにもつらすぎて、
ブログでは
なかなかうまく表現していけません。


さて。。。

今年もまた、庭のヤマモモが色づきはじめました。
それから今、ドクダミの花が満開。

ドクダミは花の時期がいちばん薬効が高い。
明日からザンザン摘み取って、乾燥させてお茶にする。
摘んだときの独特の青臭さ(超苦手)も
乾燥させると意外に消えて飲みやすいもんです。

お茶は動脈硬化予防に。
お風呂に入れれば抗菌、皮膚の炎症や傷の治癒に
一役かってくれます。

ドクダミ摘みしよ♩
1.jpg
1
pagetop